‘その他’ カテゴリーのアーカイブ

リストランテ 小倉 ラ・パペリーナ

2017年10月15日 日曜日

リストランテのこんなオヤジになりたい。

イタリア ミラノのブテック AL BAZARのオーナリーノ氏

雑誌レオンで御馴染みの方です。

彼にコーディネイトしてもらうと、先ず職業を聞かれて、自分が決してチョイスしないアイテムをズバリと勧めます。

当人はとても無理と断りますが、試着するとこれがはまって購入する人が殆どだそうです。

リストランテで、お客様に素敵な時間を過ごして頂くメニューのチョイスをズバリとしてみたいです。

 

マドレーヌとコンポート  小倉 ラ・パペリーナ

2017年10月6日 金曜日

豊前産新高梨のコンポートを作りました。

コンポートにあわせて頂く、マドレーヌはヨーロッパではお約束事ですね!

デザートワインのブリッコ・クワリアが有ればもう最高です。

デザートワインの魅力 小倉 ラ・パペリーナ

2017年10月5日 木曜日

スピネッタのデザートワイン

モスカート ブリッコ・クワリアこのワイン一つで、スピネッタ(ワイナリー)は世界で有名になりました。

ラ・パペリーナでは、このワインをグラスでも提供する事になりました。素晴らしい香りと、低アルコールで

女性に大人気!

食事の後のお喋りに、華を咲かせます。(微発泡)

今日はデザートワインの楽しみ方のお知らせです。

日本の皆様は、デザートワインには馴染みが余りないですよね?

イタリアの人たちは殆どの方が、アルコールに強く、食前酒から白ワイン・赤ワインと飲み継ぎ

食後にグラッパやリキュール・デザートワイン等を楽しみます。

私達は食事にワインを頂くと、食後のデザートワインは無理ですから中々飲まれる機会が

ありません。

ではどんな楽しみ方があるのでしょうか?

アルコールの弱い方にお勧めの飲み方は、午後のテータイムにお友達とお喋りしながら

デザートやフルーツ等と一緒に召し上がるシチュエーションです。

ドーポ テアトロ直訳すれば劇場の後ですが、イタリアの人達は劇場に行き非日常の

時間から、日常に帰る時間を大切にして、パートナーや友人と語り合います。

そんな時に最高にお勧めなのが、このデザートワイン ブリッコ・クワリアなのです。

思わぬ自分の気持ちに、触れる事が出来るのです。

グラス 1000円 ボトル4500円

アップル・ブラウンベティ 小倉 ラ・パペリーナ

2017年10月1日 日曜日

出来上がりました。

クッキングアップル ブラムリー 小倉 ラ・パペリーナ

2017年10月1日 日曜日

加熱用のリンゴ、ブラムリーでデザートを作ります。

未だ日本でなじみの少ない、クッキングアップルのブラムリーですが、今日はこれで

アップル・ブラウンベティを作ります。

姫カサゴのスープ仕立て 小倉 ラ・パペリーナ

2017年9月30日 土曜日

姫カサゴはノドグロに比べて、周知されていませんが、とても美味しい魚です。

ラ・パペリーナでは、この魚をブイヤベースのようなスープ仕立てにして、海の幸をタップリ加えて提供いたします。

更に魚の生息する分布範囲(深海・深海漂泳・外洋表層・沿岸)が大きく4つに分けられまが、その分布の食材を揃えてスープにすると、それは海を召し上がることになります。それがブイヤベースの基本です。

北九州は周りに豊前海・周防灘、玄海灘に囲まれ、更に日本海は直ぐそこで、山陰の海の幸は日常的に楽しめます。

ラ・パペリーナの常備している、食材の豊富さがここで発揮されます。

地元トマトを乾燥トマトに 小倉 ラ・パペリーナ

2017年9月30日 土曜日

トマトに軽く塩をして、水分を取りそれから乾燥させます。

入念ステーキ専用サラダ 小倉 ラ・パペリーナ

2017年9月25日 月曜日

何処にもないサラダ 小倉 ラ・パペリーナ

2017年9月25日 月曜日

ラ・パペリーナの入念ステーキ専用サラダには、露地栽培の有機無農薬ベビーリーフやタンポポ・スベリヒユ(オメガ3が豊富)等の野草。

ピーカンナッツ・クルミ・アーモンドの抗酸化の強いナッツ。

完熟トマト、キュウリ・しっかり管理されたレタス・グリーンリーフ・水菜・人参・トレビスが何処にもないサラダを仕上げています。

ラ・パペリーナのパスタにも是非合わせてください。

イタリア料理 ラ・パペリーナ 9月料理教室のご案内

2017年8月30日 水曜日

美味しいパスタを家庭で作る

失敗しないパスタ作りを学びます。